ふぉとでいず。。。

日常生活の出来事をあれこれ綴るフォトブログです。

乗鞍岳に行きました♪  

 

9月28日(日) 北アルプスの最南端に位置する独立峰。

乗鞍岳(標高3,026m) に行きました。

富山市からバス停のある岐阜県

ほうのき平 まで車で約2時間移動し、

シャトルバスに乗り継ぎます。

一気に標高2,700mの 乗鞍岳畳平 に到着です。

しばらく歩くと山頂の剣ヶ峰への登山口に到着。

ここから本格的な登山が始まります。

 1409286.jpg

 

そして 乗鞍岳剣ヶ峰(標高3,026m) に到着♪

足元には三角点。そして、乗鞍本宮が祀られています。

 14092810.jpg

 

山頂からは360度の展望が楽しめます。

眼下には権現池が見え、遠くには白山が望めます。

14092813.jpg

 

紅葉も綺麗です。

14092815.jpg

 

雲海です。

14092816.jpg

 

そして、昨日噴火した 御嶽山 です。

14092812.jpg

 

ズームで噴煙を確認です。

14092814.jpg

 

好天に恵まれて穂高連峰中央アルプス南アルプス

大パノラマが広がっていました。が・・・

御嶽山の噴煙を上げている姿を見ると笑顔でいられなかった。

突然牙をむいた大自然の恐怖。今も懸命な救助活動が行われている。

早く収まってほしいと願うことしかできない・・・。

 

今回、噴火災害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。

そして、行方不明になっている方々のご無事を祈っています。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


スポンサーサイト

剱岳三昧の秋(その2)  

9月21日(日) 剱岳アタック当日。早朝4時に出発です。暗い時間帯なのでヘッドランプを照らして、ルートの方向を確認しながら慎重に歩いていきます。

富山平野を見下ろしています。市街の明かりが綺麗です。そして、周囲も明るくなってきましたよ。

↓↓↓

1409211.jpg 1409212.jpg

5時20分。 前剱 の頂上に到着です。ここで、ようやく目指す剱岳本峰が見えます。

↓↓↓

1409216.jpg 1409213.jpg 

立山連峰後立山連峰の山並みが綺麗です。

↓↓↓

1409214.jpg 1409215.jpg

本格的な岩稜が始まるのは、この前剱を過ぎてからです。4mほどの橋を渡り、大きな岩(名前がわかりません)をトラバースします。ここを通過すると前剱の門に着きます。

↓↓↓

1409217.jpg 1409218.jpg

そして、5時39分・・・・御来光で~す。ダイヤモンド唐松~!!(唐松岳

↓↓↓

1409219.jpg

そして、5時46分。影剱~!!(剱岳の影)

↓↓↓

14092110.jpg

次の難所は 平蔵の頭 。この高度感ある大きな一枚岩を登下降して、 平蔵のコル へ抜けていきます。この辺は平蔵ワールドですね。さすが、北アルプス随一の岩峰です。

↓↓↓

14092111.jpg 14092112.jpg

そして、 カニのタテバイ です。垂直に近い50mほどの岩場が立ちはだかります。が・・・・なんと渋滞です。あんなに朝早く出発したのに!!もうビックリです。10分ほど待って登り始めますが、途中で岩に取付いたまま「じーっ」と待っている状態が続いてしまい、下でカメラを構えている人に思わずカメラ目線(笑)。

↓↓↓

14092113.jpg 14092114.jpg

そして、6時45分。待望の 剱岳(標高2,999m) 山頂に到着で~す。

↓↓↓

14092115.jpg

立山方面を望みます。どこまでも続く山並みがすごいです。

↓↓↓

14092118.jpg

迫力ある恐竜の背中のようなギザギザとした岩稜が 八ッ峰 です。日本アルプスを代表する美しい岩稜を見下ろせます。この迫力ある眺めは剱岳ならではのものですね~。

↓↓↓

14092117.jpg

三角点の標石です。祠から八ッ峰側にちょっと離れた場所にあります。映画「剱岳~点の記~」を思い出しました。

↓↓↓

14092116.jpg

多くの登山者で賑やかな頂上でした。賑わう祠の周辺から少し離れて深呼吸です。そして再び落ち着きながら静かに周りを見渡してみます。目の前に広がる山々の姿に息を呑み、その迫力とスケールの大きさに改めて感動しました。空はどこまでも晴れ渡り、時間が止まっているような感覚。登ってこそわかる本物の良さ・・・。剱は何度登ってもいい。最高の気分です。

では、下りましょう。最初の難所は カニのヨコバイ です。足元の見えない絶壁です。最初の一歩を後ろ向きで、右足から岩棚にかけるのがポイントです。通過したら鉄のハシゴを伝って平蔵のコルへ降り立ちます。

↓↓↓

14092119.jpg 14092120.jpg

14092121.jpg 14092122.jpg

途中で振り返って本峰を望みます。カニのタテバイは大渋滞です。大行列ができていますね~。前剱の下りも注意しながら進み、一服剱に到着。剣山荘が足元に見えます。そして剣山荘に到着したら準備を整え、室堂に向けて出発します。

↓↓↓

14092123.jpg 14092124.jpg

途中、剣沢小屋に寄って記念撮影。また来年もおじゃましますね♪ そう心の中で言って、剱の懐を後にしました。

↓↓↓

14092125.jpg

別山乗越で剱御前小舎に寄ってエネルギー補給です。500円のカップラーメン。いつもより美味しいです(笑)

↓↓↓

14092018.jpg 14092126.jpg

雷鳥平に到着。紅葉に染まる時期はもうちょっとだけ先ですかね。

↓↓↓

14092127.jpg

地獄の階段上りの後は、恒例の みくりが池温泉 での「おやつタ~イム」です。今回はブルーベリーミックスをいただきましたよ~。美味しい~♪

↓↓↓

14092128.jpg 14092129.jpg

観光客が多くなってきました。ミクリガ池を通って室堂ターミナルへ戻ります。

↓↓↓

14092130.jpg

高原バスと立山ケーブルカーに乗って無事に立山駅到着です。子供たちにお土産を買ってお家に帰りましょう。今回はここまで~。2日目は約10時間の行動でしたが、疲労も心地良く感じます。今回は天候にも恵まれ充実した山行でした。

憧れの岩稜を歩いた楽しい時間はあっという間に終わりました。剱を歩く魅力って何だろう。何度でも登りたくなるんですよね~。楽しみは・・・また来年です♪

<おわり>



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


剱岳三昧の秋(その1)  

9月20日(土) カラッと秋晴れです。楽しみにしていた秋の 剱岳(標高2,999m) に向けて出発です。

立山駅に到着したのは6時頃。立山ケーブルカーの切符を購入し、7時20分乗車。時間までコーヒーをいただきながらゆっくりしましょう。

↓↓↓

 1409202.jpg

高原バスに乗り継いで、室堂平に入山。 室堂ターミナル(標高2,450m) で体を高所に慣らしていきます。ゆっくり歩き回ることが高所順応には大切です。

↓↓↓

1409203.jpg 1409204.jpg

大きな屏風のようにそびえる 立山 。大自然に触れ合う至福のひと時が、いよいよスタートします。

↓↓↓

1409205.jpg

では、本日の宿泊場所となる 剣山荘(標高2,475m) に向かいます。しばらく歩くと室堂平の代表的スポット ミクリガ池 が見えます。道をたどるうちに、硫黄の匂いが強くなってきました。左手の低い窪地が 地獄谷 です。現在は有毒ガスの噴出量が多く付近の遊歩道は通行止めとなっています。

↓↓↓

1409206.jpg 1409207.jpg

立山を眺めながら、整備された遊歩道を歩きます。そのまま雷鳥平へ下りましょう。

↓↓↓ 

1409208.jpg 1409209.jpg

雷鳥平から見た立山の眺めも素晴らしい。そしてカラフルなテントの花が咲く 雷鳥沢キャンプ場 に到着です。

↓↓↓

14092011.jpg 14092010.jpg 

浄土沢を渡って 雷鳥 に取付きます。別山乗越まで標高差500mの急登が始まります。

↓↓↓

14092012.jpg 14092013.jpg

少しずつ高度をかせぎます。箱庭のような室堂ターミナルや、大きな三角形の奥大日岳の展望が広がります。

↓↓↓

14092014.jpg 14092015.jpg

別山乗越(標高2750m) に出ました。大きな 剱岳 が姿を現しました~。そして運良く生まれて初めて小さなハンターと呼ばれる オコジョ に出会いました~。すばしっこいので残念ながら写真は撮れませんでした。それでも逃げるオコジョを追いかけ回して、キャーキャー騒ぎながらカメラに収めようとしている人もいましたが、あまり感心できませんね。山におじゃましているといった謙虚な気持ちを忘れないようにしたいです。

↓↓↓

14092016.jpg

気圧が低いので補助食品の袋もこの通りパンパンです。ここからは、快適な下りになります。

↓↓↓

14092017.jpg 14092019.jpg

秋風に吹かれながら、ガレた登山道を下りましょう~。

↓↓↓

14092021.jpg 14092022.jpg

剱沢キャンプ場に到着~。

↓↓↓

14092023.jpg 14092024.jpg

明日、おじゃまします。憧れの剱岳を目の前にして静かに心を燃やします。

↓↓↓

14092025.jpg

剣山荘まではあと少し。秋を感じながら進みます。

↓↓↓

14092027.jpg 14092028.jpg

14092029.jpg 14092030.jpg

剱岳の雄姿を望みます。

↓↓↓

14092026.jpg

剣山荘に到着~。荷物を片づけたら、ビールを飲んでゆっくりしましょう。剱が初めてという、東京と横須賀からいらした方々と談笑しながら楽しく過ごしました。こういった交流も山の魅力のひとつですね♪

↓↓↓

14092031.jpg 14092032.jpg

さぁ~夕食です。山奥でこんなにグレードの高い食事ができるなんてスゴイですよね。今回は宿泊者が食堂の定員を超えているので3回の入れ替えでした。

↓↓↓

14092033.jpg 14092034.jpg

夕暮れの雲海です。この偶然出会える自然のふとした表情に感動。そして、感謝です。

↓↓↓

14092036.jpg

明日は憧れの頂へ・・・・。<つづく>



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


娘と立山デート(その3)  

雄山神社峰本社 の参拝を終えて、山々の大パノラマを満喫したところで下山しましょう。

↓↓↓

14090630.jpg

映画 「春を背負って」 の影響か・・・。ロケ地の 大汝山 (標高3015m)方面に行く人が多いようです。そんな事もあってか登山者が増えているのでしょうね~。登山道が荒れてます。石を蹴り落としたり、浮石に乗ってスリップしている登山者が数名いましたよ。また、今日のように混雑していて行列ができる時は譲り合う気持ちを忘れないことも身につけておくべき大切なマナーですね。

私たちも登り以上に気をつけながら、少しずつ高度を下げていきます。そして、一の越山荘前の広場に到着。ここまでくればひと安心。休憩して遊歩道を辿って室堂へ向かいましょう。お姉ちゃんも下り方が上手になりました~。

↓↓↓

14090633.jpg 14090634.jpg

 

室堂平に到着~。楽しかった~。笑顔で記念撮影。パパ☆^ヽ(*゚`∀´゚)乂(´゚∀゚`*)ノ^☆ムスメ

↓↓↓

14090638.jpg

せっかくだから、雲上の高原を散策しながら日本最高所の温泉 みくりが池温泉 へおやつを食べに行きましょう。人気は ブルーベリーソフトクリーム です。これは、本当に美味しい。と思いながら横にポスターが掲示してある・・・・。ジョッキパフェ?明日までの 期間限定販売 じゃあ~りませんか。食べましょう。(〃゚σ¬゚)ジュルリン..

↓↓↓

14090636.jpg 14090625.jpg

じゃ~ん!!きましたよ~ ジョッキパフェ (ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪゙ キウイ、バナナ、呉羽梨、ブルーベリーなどのフルーツや手作りミントシャーベットにポッキー(ハート型)。コラーゲンまで入っていると、明るい女性のスタッフさんが説明してくれました。生ビールを飲んでいるお隣の団体の横からジョッキパフェでかんぱ~い♪美味しかったです。(〃)´艸`)オイシー♪

↓↓↓

14090628.jpg

おやつを食べた後は ミクリガ池 へ。室堂平の代表的スポットです。展望所からは、池に山影を映す浄土山と立山が美しい。お姉ちゃんも感動している様子です。+.゚ィィ♪.゚(〃σIσ)゚♪.ィィ゚+.゚

↓↓↓

14090626.jpg

室堂ターミナルに戻ると出迎えてくれたのは、元気とやまマスコット きときと君&ぶりと君 ヾ(≧∀≦*)ノ〃

↓↓↓

14090627.jpg

娘との楽しい時間はあっという間でした。小学2年生の初登頂以来、毎年恒例となったパパとお姉ちゃんの立山でのデート・・・・いろんな話ができました。また、来年も行こうね。 <おわり>



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


娘と立山デート(その2)  

体調も問題なし。高所に身体も慣れました。雄山山頂を目指しましょう。振り返ると立山の前衛である 大日三山 が綺麗に望めます。

↓↓↓

しばらく行くと 雷鳥 が岩の上にいましたよ。娘も初めて見る貴重な瞬間~。シャッターチャンス到来とカメラを取り出したその時に!!な~んと眼下にヘリコプターが爆音を響かせながら飛んできてビックリした雷鳥が隠れてしまった・・・・。しかし、ヘリコプターを上から見下ろすのも山でしか見れない光景ですね。ワンショット♪

雪渓を越えて 一の越 を目指して歩きます。

↓↓↓

1409068.jpg 1409069.jpg

一の越山荘 (標高2700m)に到着しました。賑わっていますね~と、これから登る方向を確認するとかなり混雑しています。とりあえず、トイレ休憩をしましょう。

↓↓↓

14090610.jpg 14090611.jpg

山荘前からは北アルプスの山並みが一望できます。特に鋭く尖った山頂の 槍ヶ岳穂高連峰 奥飛騨にそびえる孤高の名峰 笠ヶ岳 が印象的です。富士山も見えましたよ~。

↓↓↓

14090612.jpg 14090613.jpg

呼吸も整い山頂を目指して斜面に向かいます。ここからは勾配も強くなり、石がゴロゴロ転がっていて歩きにくくなります。浮石に乗らないように気をつけましょう。

少しずつ高度を積み重ねていきます。室堂エリアが箱庭のようです。

↓↓↓

14090614.jpg 14090615.jpg

渋滞していたのでマイペースとはいきませんでしたが、雄山山頂に到着しました~。山頂には雄山神社が祀られています。社務所も賑わっていますね。

↓↓↓

14090620.jpg 14090621.jpg

お腹が空いたので昼食にしましょう~。お湯を沸かしてカップラーメンをいただきます。山で食べるカップラーメンは本当に美味しいですね。お姉ちゃんもあっという間に完食~。日本で初めて氷河に認定された御前沢雪渓を見ながら食べました。

↓↓↓

14090616.jpg 14090617.jpg

14090618.jpg 14090619.jpg

食後は雄山に建つ 雄山神社峰本社(標高3003m) へ向かいます。

↓↓↓

14090622.jpg 14090623.jpg

峰本社から見た 剱岳 (標高2999m)。参拝者は赤い札をもらえます。これをザックにつけて下りましょう。

↓↓↓

14090624.jpg 14090632.jpg

絵のような美しい景色が疲れを感じさせない満足感を与えてくれました。この大自然に感謝です。

<つづく>

 



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


娘と立山デート(その1)  

小学5年生の娘と 立山へデート してきましたよ ●゚ ∇゚)ノひさしぶりぃに~♪ 朝早起きして6時過ぎに立山駅に到着しました~。

↓↓↓

室堂までの切符を購入しようと売り場に行くと・・・長蛇の列 (゚ω゚;)。o○(ぇ!?) ネット購入しとけばよかった・・・。購入まで50分かかりました。

立山ケーブルカーは時間指定便のため、7:40までレストランで休憩。娘は朝から大好きな抹茶ソフトクリームを食べて嬉しそう。

↓↓↓

14090637.jpg 1409062.jpg

無事にケーブルカーに乗り、高原バスに乗り継いで 室堂 (標高2450m)に到着しました。

ちょうど 立フェス2014(立山黒部アルペンフェスティバル) 開催中で室堂ターミナル屋上には有名ブランドのテーマブースが大集合していました。

↓↓↓

1409063.jpg

天気予報では曇りだったのですが、最高の天気です。久しぶりの立山に興奮します。

↓↓↓

1409065.jpg

室堂ターミナルに到着したら、すぐに忘れてはならない儀式があります。

それは、 立山玉殿の湧水 という名の水をボトルに詰めること。ついでに口に含んで美味しさを確認すると ク~ッ 美味しすぎます。

↓↓↓

1409064.jpg

高度順応のため、ゆっくり10分歩いて立山室堂山荘前の広場で休みます。

二人で目指す雄山山頂を望みながら記念撮影です。

↓↓↓

1409066.jpg

撮影した写真を見ると、パパと娘の脚の長さが変わらない・・・・。いや? 娘の方が長いかも!! この成長ぶりに思わず目を細めてしまうパパでございます。

<つづく>



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


Profile

Please have slowly!!

Thank you for coming to see

Twitter timeline

Resent Entries

Category

Archive

Link

Blog Ranking

Blog MURA

Blog Circle

Search

The application form

Privacy Policy