ふぉとでいず。。。

日常生活の出来事をあれこれ綴るフォトブログです。

夏の剱岳(3日目)  

 

7月26日(日)

 風もやみ静かな朝を迎えました。

朝日に照らされた剱岳です。

DSC02397.jpg

 

朝ごはんを作って食べたら、テントの撤収。そして出発!!

ルート上から振り返る。またお邪魔しますね。

DSC02399.jpg

 

別山乗越から雷鳥坂を下ります。室堂平を望む。

DSC02401.jpg

 

雄山、大汝山、富士の折立。

DSC02400.jpg

 

大日三山。

DSC02402.jpg

 

浄土沢の流れが爽やかで涼しい。

DSC02403.jpg

 

雷鳥沢キャンプ場には色とりどりのテントが。

DSC02408.jpg

 

ここを下ってきました~。

DSC02406.jpg

 

雷鳥沢キャンプ場から立山を望む。

DSC02407.jpg

 

ここから室堂ターミナルまでは地獄の階段上り。

最後の試練です(笑)

みくりが池温泉で一服です。

ブルーベリーミックス。

これを楽しみに階段上ってきましたよ。

DSC02410.jpg

 

そこから地獄谷を見下ろします。

このルートが通れれば、もっと楽なんですけどね~。

DSC02411.jpg

 

帰りのバス内でエネルギー補給。

立山名物の醤油餅?

DSC02412.jpg

 

今回の山旅は2泊3日だったので、

山頂でゆっくりと出来たのが嬉しかったです。

 私は基本的にソロハイクが好きです。

なぜ、一人で山に登るのか?

その答えは深くて広いと思いますが・・・。

やっぱり自由は楽しい!

達成感もとてつもなくでかい!

 一方で万が一のアクシデントに見舞われたとしても、

対処は自分一人。

 より細やかなリスクマネジメントが必要です。

 これから夏山は賑やかになりますね。

楽しい山旅を続けます。

 

<おわり>



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


スポンサーサイト

夏の剱岳(2日目)  

 

7月25日(土)

 昨夜はテントが飛ばされそうなくらいの強風で熟睡できませんでした。

 朝になっても風が強くてアタックするか迷いましたが、行ってみることにしました。

 出発です。剱岳本峰はガスって見えませんが、いざ!!ピークに向かって!!

DSC02353.jpg

 

雪渓を下っていますよ。

DSC02354.jpg

 

登山口に到着しましたよ。一服剱を目指します。

DSC02355.jpg

 

早速、鎖場です。団体さんもハーネスを装着して完全装備でアタック中。

DSC02357.jpg

 

お花が疲れを癒してくれます。

DSC02358.jpg

 

一服劔を抜けて前剱へ。この中央の大きな岩が前剱の大岩です。

DSC02360.jpg

 

ここを抜けて前剱のピークへ向かいます。

DSC02363.jpg

 

前剱(2813m)のピークです。

DSC02364.jpg

 

剱岳本峰は霧で見えません。見える岩場は平蔵の頭です。

DSC02366.jpg

 

では、行きましょう。ここからが核心部です。

5mの鉄橋を渡って、岩場に取付きます。

突風に注意です。

DSC02368.jpg

 

岩場に咲く花。

シナノキンバイでしょうか?

元気が出てきます。

DSC02370.jpg

 

剱岳のピークが見えてきましたよ~♪

もう一息です。

DSC02369.jpg

 

カニのタテバイ

DSC02376.jpg

 

三点確保をしっかりとりましょう。

DSC02377.jpg

 

そして・・・剱岳(2999m)のピークに到着です。

DSC02378.jpg

 

DSC02382.jpg DSC02381.jpg

 

八ツ峰方面。

DSC02383.jpg

 

早月尾根方面。富山平野や富山湾が綺麗に見えます。

DSC02384.jpg

 

立山、別山方面。ゆっくり山頂を満喫!!

富士山も見えました。

DSC02385.jpg

 

そして下山。

カニのヨコバイや15mのハシゴなどを注意しながら

登り以上に慎重に下ります。

そして、剣澤小屋でお楽しみのビール!!

DSC02388.jpg

 

明日も仕事はお休みなので、飲んじゃいました~。

至福のひとときです。

テントで2泊目の夜。

風も穏やかで山の静けさが心地いい。

平地では花火大会かな?

花火の音がここまで届いています。

 

 

<3日目に続く>



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


夏の剱岳(1日目)  

 

7月24日(金)

 北アルプス剱岳(2999m)に行こうと計画していましたが、大気が不安定。

 台風12号の動きも気になりましたが、回復する予報も出ていたので出掛けてみよう。

 立山駅からケーブルとバスに乗って室堂ターミナル(2433m)に到着。

 やっぱり・・・。

真っ白け・・・

雨です・・・

寒い・・・

テンション下がる・・・

だけど頑張ろう!!

DSC02326.jpg

 

ミクリガ池です。よく見えない。

DSC02327.jpg

 

雷鳥沢キャンプ場も見えない。

景色は楽しめないから、歩きましょう。

DSC02329.jpg

 

雷鳥平に到着。テントも少ないです。

それでも、雨は上がりましたよ~。

霧の中の別山乗越まで急ぎましょう。

DSC02330.jpg

 

足元に注意しながら、雪渓を歩きます。

DSC02331.jpg

 

雷鳥坂を上がって、少しずつ高度をかせぎます。

DSC02332.jpg

 

コバイケイソウの大群です。

DSC02333.jpg

 

歩いている途中で・・ん??声がした!!

よ~く見ると・・・会えましたよ。

雷鳥です。生きる国の天然記念物。

DSC02336.jpg

 

DSC02337.jpg

 

DSC02338.jpg

 

剱御前小屋が建つ別山乗越(2750m)に到着。

ここに来ると強風が・・・。

DSC02340.jpg

 

お昼ご飯は500円の「どん兵衛」。

身体が温まります。

DSC02339.jpg

 

食べたら、剣沢キャンプ場へ向って下ります。

コースの向こうも真っ白ですね・・・。

DSC02341.jpg

 

強風の中を歩いていると霧がなくなってきましたよ~。

山の天気は変わりやすい。

DSC02343.jpg

 

宿泊地の剣沢キャンプ場が見えてきました。

テンション上がってきました~。

DSC02344.jpg

 

到着~。

下ってきたルートを振り返ると、雪渓が綺麗に光っています。

DSC02347.jpg

 

テント設営の前にコレ。

山にはコーヒーです。

これが、めちゃくちゃうまい。

DSC02350.jpg

 

テントから明日向かう頂を・・・

ガスで見えませんが(笑)

DSC02346.jpg

 

2日目に続く。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


別山【日帰り】  

 

7月7日(火)

北アルプス立山三山のひとつ、別山(標高2880m)へ日帰り登山♪

いよいよ夏山シーズン到来です。

立山駅に到着。ラッピングされたケーブルカーに乗って出発♪

DSC02267.jpg DSC02268.jpg DSC02269.jpg

 

乗り継いだ高原バスの到着地点は室堂です。

久しぶりの立山~♪ 興奮しますね。

DSC02270.jpg

 

美味しい水をボトル一杯に詰めて、さぁ~歩こう♪

DSC02271.jpg

 

ターミナル前から見た立山です。

DSC02275.jpg

 

室堂平から立山を望む。残雪が多いですね。

DSC02277.jpg

 

室堂平の代表的スポット「ミクリガ池」

DSC02278.jpg

 

コバイケイソウが咲いています。

花が咲くのは数年に1度と言われてます。

DSC02280.jpg

 

雷鳥沢キャンプ場が見えてきましたよ。

テントがいくつか張ってありますね。

DSC02282.jpg

 

浄土沢に橋が架かっていました~。ラッキー♪

DSC02288.jpg

 

雷鳥坂は雪渓をトレイルします。

ここからがキツイんです。頑張りましょう~。

DSC02289.jpg

 

登り切ったところが「別山乗越」です。

剱岳が私を迎えてくれました。

DSC02292.jpg

 

さらに進んで到着!! 別山の山頂です。

DSC02302.jpg

 

山頂から立山方面を望む。

DSC02303.jpg

 

そして、剱岳です。

人気山域の中でも別山は穴場的スポットです。

DSC02297.jpg

 

別山は剱岳の一大展望地。

いつもは通り過ぎてしまう場所なので

ゆっくり登ってみました。

 山頂でラーメンを食べていたら・・・

下からガスが吹き上がってきましたよ!!

う~ん・・・天候が崩れるな。

さっさと食べて、下山です。

剱岳や周囲の山もあっという間にガスっちゃた。

それでも雨に打たれながら室堂ターミナルへ到着。

風が吹いていて寒かったね。冬装備で良かったよ~。

今回は登山者が少なくてすれ違う場面も数回のみでした。

まさに貸し切り状態。静かな山登りでした。

身体にもいい刺激が入った山行でした。



ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックいただけると嬉しいです。

  


Profile

Please have slowly!!

Thank you for coming to see

Twitter timeline

Resent Entries

Category

Archive

Link

人気ブログランキング

にほんブログ村

Blog Circle

Search

The application form

Privacy Policy